目が悪いけどコンタクトレンズを付けない理由【節約するならメガネ!】

お金の節約術

目が悪いけどコンタクトレンズを付けない理由【節約するならメガネです!】
僕自身も目がとても悪いので視力は両眼とも0.1以下です
視力が悪くなると視力検査の時に見る輪の空いた方を答えてくださいという検査で、1番上のものが見えないので検査が一瞬で終わって時間短縮できるというメリットはありますがその他には全くいいことがありません(笑)

私が視力矯正するならおすすめするのはメガネです!
様々な視力矯正方法がありますので金額面や衛生面、健康面まで考えてお伝えしていきたいと思います

スポンサーリンク

様々な視力矯正方法

メガネ

価格面で考えていってみても昔はメガネの値段が高かったですが、最近ではメガネ1個5,000〜10,000円ほどで購入できます
眼鏡市場や様々なメガネの小売店があるかと思いますが、JINSが有名なメガネを安く買えるお店ではないでしょうか?
今メガネの買い替えを検討されている方はJINSがおすすめです
インターネットでも購入することができるので一度覗いてみるのもいいかもしれません
JINS 公式通販ショップ【JINSオンラインショップ】

メガネが良いところは価格面だけではありません、目にダメージを与えると言われているブルーライトをカットすることができます

ブルーライトカットの機能を持ったレンズを使用することで日常でのパソコンやスマートフォンから影響受けるブルーライトをカットし視力の低下を予防することができます
最近では子供がパソコンやスマートフォンに触れる機会が増えているので子供の視力低下が問題視されていたりしますよね
今の時代パソコンやスマートフォンを遠ざける事は難しいと思います、そのため視力が悪くないけれどブルーライトをカットするために眼鏡をかけていると言う人も増えてきていますね!
こんな時代だからこそブルーライトカット機能付きのメガネをかけることで、視力の矯正をしながらブルーライトもカットして目の健康にも気をつけていきたいですね!

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは使い捨てのものか半永久的に使えるものかによって値段に大きな差がありますが、衛生面なども考慮すると使い捨てコンタクトレンズのほうがいいのかなという印象ですので、今回は使い捨てコンタクトレンズについてお話ししたいと思います

使い捨ての中にも様々な種類があり1日で交換が必要なものや2週間で交換が必要なもの、1ヵ月で交換が必要なものなど様々ですよね
1日で交換が必要なものは年間でのコストが60,000円程度、 2週間や1ヵ月使えるものに関しては年間でのコストが30,000円程度かと思います
仕事やスポーツをする都合上コンタクトレンズが必要という方もいるかと思いますが、メガネの方がコストパフォーマンスとしては良さそうですよね
コンタクトレンズが必要という方はできるだけ安く購入すると言うところも意識して購入するといいと思います!
購入しているコンタクトレンズのお店よりはもしかしたらインターネット通販のほうが安いかもしれませんのでリンクを一度覗いてみるといいかもしれません☺︎
有名メーカーコンタクトが格安!【レンズオーシャン】

レーシック

レーシックの価格はかなり価格帯が広く安いものでは75,000円ほどから高いものでは1,000,000円に近い金額がするようなレーシックの手術もあります
一度手術をしてしまえばもう視力矯正をする必要はありませんのでとても便利だと思います
価格的に見ていくと一度手術をしてしまえばその後追加で費用がかからないので、お得感はありますが僕はあまりレーシックをやろうとは思っていません
節約しやすいのになんでレーシックをやらないの?と思われる方もいるかもしれませんが僕が考えているのはその後の対応です
レーシックはまだできてから歴史の浅い技術です、今後レーシックをした目の視力が悪くなる可能性はもちろんあります
その際にかかってくる費用が読めないと言うところが僕はレーシックの踏み切らない理由です

また今後の目の影響を考えるとブルーライトカットレンズを採用したメガネを使用する確率は高いためレーシックをしても結局眼鏡をかけていく人生になると思います
それだったら眼鏡をかけて視力矯正してもいいんじゃないのかなと言う印象ですね

眼内コンタクトレンズ(ICL)

眼内コンタクトレンズ(ICL)の価格はかなり価格帯が広く安いものでは75,000円ほどから高いものでは2,000,000円に近い金額がするような眼内コンタクトレンズ(ICL)の手術もあります
特徴としてはかなりレーシックと近いですね、眼内コンタクトレンズの良いところは視力の低下に合わせて再度手術をすればもう一度視力を調整できると言う点だと思います
店舗にもよるかと思いますが追加費用なしで実施してくれる店舗もあるので、どうしてもコンタクトレンズが必要と言う方は通常のコンタクトレンズを購入するよりも、眼内コンタクトレンズにしたほうが手間もかかりませんしコストパフォーマンスが良いかもしれません

まとめ

節約を考えて色矯正をするならメガネが1番オススメです
継続的にコンタクトレンズをしないといけないという方でしたら、初期投資は大きくかかってしまいますが眼内コンタクトレンズをしていくことが1番節約につながると思います

日々の必要な出費を少しずつ見直して自分の理想の生活ができるように頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました