NFTアートがサラリーマンの生涯賃金を超える金額で売買【NFTって何?】

気になるお金のニュース
NFTアートがサラリーマンの生涯賃金を超える金額で売買【NFTって何?】

副業を始めていこうと悩んでいる人たちに心を踊らせるニュースが流れていました!

スティーヴ・アオキが240万円で購入! 話題の8歳少年「NFTアート」がすごい

引用:yahooニュース

8歳の少年が夏休みの宿題で240万円の売り上げを上げるなんて、、、

これ私の手取り年収だよぉぉぉ・・・

このような方も多いのではないでしょうか??

そこで今回はNFTと呼ばれているものが何なのかと言う事とNFTに秘められた無限の可能性について触れていきたいと思います!

この記事でわかること
NFTアート作品とは、どんなシステムなのか?
NFTアート作品には、どんな種類があるのか?
NFTアート作品の可能性の大きさ!
スポンサーリンク

NFTって何?NFTを簡単解説

 

NFTはまだ歴史の少ない世界のため、どういうものかよく解りませんよね!

 

今回はNFTの初心者の方に向けて基礎的なことを簡単に説明していこうと思います

NFTの仕組みについて

NFTとは「Non-Fungible Token」の略称で非代替性トークンと呼ばれており、偽造することができないデジタルデータ=NFTと認識しておけば大丈夫です

デジタルデータは通常だといろいろなところでコピーされてしまったりして、オリジナルのものが判断できなくなってしまいますがNFTアート作品はブロックチェーン技術を活用することで 複製や偽造を防止できデータが唯一無二のものになります

そうすると実際の絵と同じように希少価値も出るためデジタルアートに価値が生まれるということです!

NFTの種類について

NFTアート作品と言われると画像が一般的になっていますが実は他にもたくさんの種類があります

・画像
・動画
・音楽
・他にもたくさん

 

twitter創業者のツイートがNFTとして、約3億円で落札されたことも有名ですよね!

NFTの可能性について

NFTアート作品は、名前を聞くと大変な努力が必要なんじゃないかと考えてしまいがちですが実は簡単に誰でも作ることができます
最初に紹介したニュースでは8歳の男の子が作ってるくらいなので大人だったらちょっと勉強すれば本当に簡単だと思います

NFTデータサイト「NonFungible」によると、2021年第1四半期のNFT取引高は約20億ドル

この金額は、2020年第4四半期に記録した約1億ドルのなんと20倍!

市場の拡大スピードがとても早いですね!!

デジタルアート市場すべてでNFTを活用することができれば、もっと市場規模を拡大することができると想定されます

NFTを利用しているアーティストはまだほんの一握りなので、今後知名度が上昇していくにつれて、NFTアートの市場規模も広がっていきそうですね!

NFTと私たちの関わり方

それはズバリ出品する側に回ると言うことだと思います!

今NFT市場は拡大真っ只中のバブルのような状況にあり予想もつかないような値段がつくことがあります!

僕もこの機会にNFTアート作品を作ってみようと思います!

音楽制作や動画制作は非常に知識や技術が必要になってくるかもしれませんが画像と言う分野だったら素人の僕たちにも可能性があると思っています
まだ法整備が整っていない部分はありますが各方面の準備ができてからではこの大きな波に乗り遅れてしまうかもしれません

資産拡大のために早めに準備してわからない中でも取り組んでいってみるということがとても大切になってくると思いますよ!

もしかしたらあなたのNFTアート作品に何千万円、何億円と言う価値がついてしまうかも知れませんね!

また、コインチェックであれば独自のNFTプラットフォーム「Coincheck NFT(β版)」が用意されているので、円滑にNFTアートを売買することができます

NFTに興味があるという方はぜひこの機会にコインチェックで口座開設をして、NFTブームの波に乗ってみてください。

!コインチェックの公式サイトはこちらから!

副業社畜の節約ブログではお金🌟時間🌟メンタルに関する節約の知識を経験論を交えながらご紹介していきます

他にもいろんな情報発信しているので気になる方は見て行ってみてくださいね!

お金の節約術

時間の節約術

メンタルの節約術

気になるニュース

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました